ものづくりをたのしむ「ファブラボ タカサゴ」オープン/兵庫

市民が自由にものづくりを楽しめる工房「ファブラボタカサゴβ」が20日、サンモール高砂(兵庫県高砂市高砂町栄町)にオープンしました。


3Dプリンターなどのデジタル工作機械が用意され、アクセサリーや芸術作品などが制作できます。運営する一般社団法人「マチノエン」の藤本明久代表理事は「アトリエ感覚で初心者にこそ使ってほしい」と話しています。

ファブラボはデジタル工作機械を活用し、市民の創作を支援する工房。米国発祥で、世界各地に400カ所以上開設されています。今後はワークショップの開催や、学校への出張授業も視野に入れており、子連れ向けにキッズスペースも設置されています。

(画像はFABLAB TAKASAGOより)

外部リンク

FABLAB TAKASAGO(ファブラボ タカサゴ)
http://fablab-takasago.com/

関連記事

関西のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KiNKiの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です