女子大生考案のメニューがビュッフェに登場/大阪

武庫川女子大(西宮市池開町)と阪急阪神ホテルズ(大阪市北区)の産学連携企画で、ホテル阪急インターナショナル、大阪新阪急ホテル(いずれも同市北区)、ホテル阪神(同市福島区)で学生が考案したメニューが、ビュッフェ方式で登場します。


食物栄養学科の学生約50人が前菜やメイン料理、スイーツなどのレシピを考案しました。骨粗しょう症予防が期待できる豆乳や、むくみに働くカリウムを含むドライフルーツなどを食材に使い、管理栄養士を目指す学生ならではの視点も取り入れられています。

学生らは「ホテルに足を運び、お客さんの反応を見るのが楽しみ」「かわいらしい仕上がりで大満足」と話し、3ホテルを統括する北山良平総料理長は「独創的なメニューが多く、大変参考になった」と話しています。

(画像はホテル×女子大生コラボ ホテルビュッフェコレクションより)

外部リンク

ホテル×女子大生コラボ ホテルビュッフェコレクション
http://www.hankyu-hotel.com/buffet/umeda/index.html

関連記事

関西のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KiNKiの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です