連続テレビ小説「べっぴんさん」記念切手を販売へ/兵庫

神戸を主な舞台にしたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放送が最終回を迎えるのを前に、日本郵便近畿支社(大阪市)は23日から、オリジナルフレーム切手「べっぴんさん Memorial」を販売します。

べっぴんさんは神戸の子ども服メーカー「ファミリア」をモデルに、創業から発展を描くストーリーで、放送は4月1日までです。切手のデザインには、ヒロイン・すみれの幼少期からの名場面や、創業者の4人がにこやかに並ぶシーンなどを収めました。
デザインの異なる52円切手が10枚セットになったシートで、神戸市内の郵便局全184局(簡易郵便局は除く)などで販売される予定です。

外部リンク

オリジナル フレーム切手「連続テレビ小説 べっぴんさん Memorial」の販売開始(PDF109kバイト)
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/09_kinki/0317_01_01.pdf

関連記事

関西のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KiNKiの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です