国内最大のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」姫路港に入港/兵庫

国内最大のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」(全長約240メートル、約5万トン)が12日、姫路港(兵庫県姫路市)に初めて入港しました。

夕日を背に汽笛を響かせて着岸。待ち受けた観衆らは海上にそびえ立つもう一つの“城”を見上げました。13日午後1時に出港する予定です。姫路市によると、同港に入港した客船では過去最大。これまでは2万トン級が中心だったため、同市や兵庫県が姫路城観光などをPRし、大型客船の誘致に力を注いでいます。

「飛鳥Ⅱ」の乗客定員は872人。コンサートなどもできる豪華設備を備える。名古屋を10日に出港し、姫路を訪れました。午後5時すぎ、白い船体が岸壁に近づくと、市民らが手を振って歓迎。船内で行われた式典で、石見利勝・姫路市長が船長に花束を贈りました。港には姫路おでんや地酒の屋台が並びました。

動画で見る飛鳥Ⅱ

外部リンク

ワンナイトクルーズから世界一周クルーズまで客船「飛鳥II」による快適な海の旅を | 郵船クルーズ株式会社
http://www.asukacruise.co.jp/

関連記事

関西のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KiNKiの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です